2020年 全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権 第15戦/第16戦/第17戦「富士スピードウェイ」 参戦結果

NSGグループの株式会社スピードパーク新潟が運営する、アルビレックス・レーシングチームは、全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権 第15戦/第16戦/第17戦 「富士スピードウェイ」にルッカ・アレン(アイルランド)と入山翔(三重県)の2人のドライバーで参戦しました。

 

2020年12月19日(土)~20日(日)、富士スピードウェイで全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権 第15戦/第16戦/第17戦が開催されました。

シリーズ最終戦となるこのレースには全12台がエントリーし、アルビレックス・レーシングチームからはルッカ・アレン(アイルランド出身)、入山翔(三重県出身)の2人が参戦しました。

12月17~18日の専有走行を経て、19日午前に第15戦/第16戦の公式予選が行われ、第15戦グリッドでは入山選手が5番グリッド、ルッカ選手が7番グリッド、第16戦グリッドでは入山選手が6番グリッド、ルッカ選手が7番グリッドを獲得しました。

午後の第15戦決勝では6番手争いで入山、ルッカのチームメイト同士のバトルが展開され、ルッカが6位のポイント入賞、入山は8番手だった選手との接触アクシデントにより8位の結果となりました。

20日午前の第16戦では入山は6位のポジションをキープしゴール、ルッカはフォーメンション中のスピンにより最後尾からのスタートなったが その後の追い上げで7位でゴールしました。

20日午後の2020年最終レースとなる第17戦では第15戦の結果によりグリッドが決定しており、入山が6番グリッド、ルッカが8番グリッドにつけスタート、両選手ポジションをキープしたままゴールし今シーズンのレースが終了いたしました。

両選手は今シーズン初めて乗る車格のマシンで、一戦一戦挑むたびにタイムも安定し成長を見せてくれました。来シーズンの更なる活躍が大変期待されます。

 

2020年シリーズ・ポイントランキングは以下の通りとなりました。

チーム部門       ALBIREX RACING TEAM  第5位(16ポイント)

ドライバーズ部門  入山 翔   第8位(8ポイント)【 Rd.1~Rd17  17戦出場】

ルッ・アレン 第9位(5ポイント)【Rd.9~Rd.17  9戦出場】

※新型コロナウイルス感染症の影響による入国制限によりRd.9から参戦

神 晴也   第10位(3ポイント)【Rd.1~Rd.5  5戦出場】

※ルッカの入国制限によりスポット起用

入山 翔  三重県出身 2000年2月2日生まれ

2019 岡山チャレンジカップS-FJシリーズチャンピオンカップ

日本一決定戦 S-FJ 3位

 

 

 


Lucca Allen

ルッカ・アレン  アイルランド出身 2002年6月29日生まれ

2019 FIA東南アジアF4選手権 チャンピオン

2016 アイルランド カートチャンピオン

神 晴也    大阪府出身  2000年10月30日生まれ

2019 FIA-F4スポット参戦

JAF-F4参戦

2018 S-FJもてぎ シリーズチャンピオン

 

法人名:株式会社スピードパーク新潟         
所在地:新潟県胎内市松波1013番地36
『アルビレックス・レーシングチーム』   URL :http://www.albirex-racing-team.jp
代表者名:中村 寿和                       

 <プレスリリースに関するお問い合わせ>

担当者名:マネージャー 九原 長之
TEL:0254-45-2900   
FAX:0254-45-2910 
e-mail:info@speed-p-niigata.jp

この記事に関するNSGグループの取り組みはこちら

シェア