VOICE -NSGインタビューサイト-ワクワクする仕事で、人生をオモシロく。

豊かで幸せなまちを作る事業の創造に
取り組み続けているNSGグループ。
NSGの中ではどんな人が働いているのか?
そのリアルな「声」をお届けします。
  • instagram
海外で仕事がしてみたい!
企業の海外業務を後押しする
仕事で着々と実力を磨いている。

渡邉 明子
愛宕商事株式会社 旅行事業部 第一課

海外で仕事がしてみたい! 明確な夢に向かって、 日々の業務でスキルアップ中

PROFILE
渡邉 明子
愛宕商事株式会社 旅行事業部 第一課 
新潟県出身。関東の大学を卒業後、地元に携わる仕事に就きたいと思いUターン。2015年にNSGグループに入社し、NSGアカデミーに配属。2020年に愛宕商事株式会社に転籍。「新潟ベトナム協会」「新潟日本香港協会」「新潟シンガポール協会」の事務局業務を担当。2021年4月から研修旅行のツアープランナーも兼務している。将来の夢は、海外に在住して仕事をすること。

大学時代にインドネシアで実習し、アジアの魅力に気づいた。
いつか海外に住んで仕事がしたい。
しかしまだ、具体的に自分がどんな仕事をしたいのかがわからない。
だからまずいろんな経験を積んで、実力を身に付けたい!
そんな希望を叶えてくれる企業を地元新潟で探し、
「ここしかない!」と思い入社したのがNSGグループ。
企業の海外業務を後押しする仕事で着々と実力を磨いている。
そんな人生設計を持った渡邉さんの未来予想図とは?

様々な職種を経験しながら、夢へと一歩一歩近づく

数ある企業の中から、なぜNSGグループを選んだのですか?

就活の時に自分なりに企業を選ぶポイントを3つ決めました。1つ目は地方創生に貢献していること。2つ目はいろんな業種に挑戦できること。3つ目は海外に携わる仕事ができる可能性があること。それらを兼ね備えていたのがNSGグループでした。

 

入社時にどのような業種を希望しましたか?

将来的には海外で仕事がしたいと思っていましたが、まずは国内で海外に関連する仕事であれば、なんでもチャレンジしてみようと思っていました。

昨年から愛宕商事で海外協会の事務局の業務に携わっています。一昨年までいた学習塾事業を行うNSGアカデミーとは仕事内容が違うので、まるで転職したような感じです(笑)このような働き方ができるのは、NSGグループならではの魅力だと思いますね。

新潟とアジア諸国の架け橋になりたい

現在はどのような業務を担当されていますか?

今は旅行事業部に配属されていますが、メインの仕事は当社が委託されている「新潟ベトナム協会」「新潟日本香港協会」「新潟シンガポール協会」の事務局の運営です。仕事内容としては会員の管理やメルマガの配信、セミナー・イベントの企画・運営、経理業務など幅広く行なっています。しかし私が担当になってからは新型コロナウイルスの影響で、通常の活動が制限されています。どのようにすれば会員の皆さまのお役に立てるのか…試行錯誤を繰り返しているところです。

 

具体的にはどのようなことを企画したのですか?

コロナ禍で直接会員同士での交流は難しいので、オンラインセミナーを行いました。例えば、シンガポールに在住のコンサルタントとつなぎ、「コロナ禍でビジネスを成功させる秘訣」を話していただきました。テレビ局のアセアン支局の方や協会の会長をはじめとする現地で会社を経営されている方に、コロナ禍のベトナム各地の状況をレポートしていただきました。このように工夫しながら、現地の情報を会員の皆さまに発信しています。

実際に1年間働いてみて、どうでしたか?

 新潟の企業の海外進出を手助けする仕事にやりがいを感じています。そしてセミナーやイベントを開催して、会員の方に「有意義だった」「役に立った」と言っていただいた時は嬉しかったですね。またセミナーの講師の方と会員の企業をつなぎ、次の仕事につながるお手伝いができた時は喜びも格別です。

コロナ収束後に向け、今までにない企画にチャレンジ

今後はどのような企画を考えていますか?

今までにないことにトライしたいと思っています。その一つが、「ホーチミンの街中リアル散歩」。現地の会員の方にカメラを回して歩いていただき、街の様子や観光スポットなど、まさに今の姿をお伝えできればと思っています。またコロナが収束すれば、ぜひ現地に行きたいですね。「香港フォーラム」や「JAPANベトナムフェスティバル」など、日本の魅力を発信するイベントが予定されています。ブースを出展して新潟の魅力をアピールしたいですね。開催されることを願いながら、企画を進めていきます。

 

今年から旅行業務も兼務しているそうですね

もっと幅広い仕事を経験したいと思い、会社に願い出て旅行業務にもあたっています。今は専門学校の研修旅行の企画を進行中です。個人的にも旅行の計画を立てるのが好きなので、自分なりのアイデアを盛り込み、既存の形に囚われない研修内容を提案できるように努めています。旅行添乗員の資格も取得したので、海外旅行が解禁になったら、ぜひお客さまに同行したいですね。

いつかは海外に在住して仕事をしたい

海外に興味を持つようになったきっかけはなんですか?

大学の実習でインドネシアに2週間ほど行ったのですが、現地の方と話すうちに、人の明るさと温かさに魅了されました。それに東南アジア特有の街の熱気も刺激的で大好きに。カナダにも語学研修で短期留学しました。将来の目標に向けて英語の習得は不可欠だと思いますので、オフタイムを利用して勉強しています。

 

プライベートでも海外旅行に出かけることはありますか?

コロナ禍の前は、連休が取れると海外旅行に出掛けていました。インドやベトナム、カンボジア、タイ、台湾、韓国、香港、マカオなど、東南アジアを中心に何ヵ国も。大学時代の友達や家族と行くこともありましたが、1人で行くこともありました。自分でいろいろ調べて、アチコチ歩くことは楽しくて、まったく苦にならないですね。

 

これからチャレンジしたいことはなんですか?

海外に関わる仕事はもちろんですが、実際に海外に住んで仕事がしたい。海外とのパイプ役というより、海外で活躍できるようになりたいですね。将来的にNSGグループの海外展開に名乗りを上げられるよう実力を付けておきたい。また海外で働きながら、良いビジネスアイデアが浮かべば起業するのも面白いかもしれません。いずれにしても、将来のチャレンジを成功させるためにも、もっともっと今の仕事で経験を積んで、その時に備えたいですね。

シェアする
ページのトップへ