VOICE -NSGインタビューサイト-ワクワクする仕事で、人生をオモシロく。

豊かで幸せなまちを作る事業の創造に
取り組み続けているNSGグループ。
NSGの中ではどんな人が働いているのか?
そのリアルな「声」をお届けします。
  • instagram
スポーツで新潟を元気に!
新たなリーグで試合運営の
統括責任者として チャレンジ!

石田 雄大
(株)アルビレックス新潟レディース
事業本部 運営統括責任者

スポーツで新潟を元気に! 熱い思いをエネルギーに変えて、 新たなリーグで試合運営の統括責任者として チャレンジ!

PROFILE
石田 雄大
(株)アルビレックス新潟レディース  事業本部 運営統括責任者
新潟県五泉市出身。小さな頃からスポーツが好きで、大学時代はアイスホッケー部でマネージャーを務める。スポーツ業界への就職を目指して就活を行い、2018年にNSGグループに入社し、JAPANサッカーカレッジに配属。2年間、事務局で学生募集の担当を務める。その後、株式会社アルビレックス新潟レディースに出向。WEリーグ開幕に向けて試合運営統括責任者として企画を進めている。将来の目標はアイスホッケーのプロチームを創設させること。

スポーツ好きが講じて、スポーツ業界への就職を夢見る。
東京で就活を進めるが、NSGグループに出会いUターン。
スポーツを通して地元新潟を元気にしたい!
そんな熱い思いで入社し、サッカーの専門学校に配属。
様々な経験を積んで、2年後にはスポーツクラブに。
現在、新しい女子プロサッカーリーグWEリーグの開幕に向けて奔走中。
変わらぬ夢を胸に秘める石田さんの今、そして未来とは

好きなスポーツを生涯の仕事にしたい

いつからスポーツビジネスに興味を持ち始めたのですか?

小さな頃からスポーツが好きで、高校時代はバレーボール部、大学時代にはアイスホッケー部でした。大学では教職課程のほか、スポーツ社会学、スポーツビジネス、スポーツ広報などに関わる科目を履修。それらを生かし、スポーツに関われる職業に就きたいと思い、メディア関係を中心に多くの企業を受けました。

東京の企業ではなく、NSGグループに決めた理由は?

NSGグループがスポーツで地域を活性化していること、志のある人たちには学ぶ機会を用意していることを知りました。東京でしか叶えられないと思っていた夢を、地元の新潟でも叶えられるかもしれない。いや、新潟の方が挑戦する価値がある。「ふるさとをスポーツで元気にしたい」という思いでUターンを決断しました。NSGグループに出会っていなければ、新潟に戻ることはなかったと思います。

専門学校からスポーツクラブへ。夢への階段を上る

入社して最初の配属先で働いた感想はいかがでしたか?

配属になった「JAPANサッカーカレッジ」では事務局で事業推進を担当しました。SNSの更新や管理、高校生を対象とした学校説明会の運営などが主な仕事。希望していたスポーツ業界に携わることができて、毎日が充実していました。サッカーを仕事にしたいと思っている生徒に学校のことを知ってもらうために、SNSの発信1つ1つに試行錯誤しました。この経験は後のアルビレックス新潟レディースでの仕事にも生かせる経験でしたね。また、社会人になってから最初の2年間で、社会人のイロハ、働くことの意義などを学ぶことができました。それに加え、JAPANサッカーカレッジで働いたことにより、サッカーを通して「人との繋がり」ができたということは大きいですね。それは、アルビレックス新潟に限らず、多くのサッカークラブで働く人との繋がりができました。そのおかげで、ここ最近もJリーグクラブで働いている人と意見交換を行ったりしていました。Jリーグという長い年月で積み上げられてきたお手本となるリーグがあるので、Jリーグを参考にしながら、WEリーグ、女子サッカーも歩みを進めていけたら嬉しいですね。

その後、アルビレックス新潟レディースに異動されたのですね。

はい。入社3年目で、スポーツクラブの運営に関わることができました。専門学校での事業推進の経験は、クラブに移ってもスポンサーやサポーターとの関係構築に生かされていると思います。アルビレックス新潟レディースへの入社当時は、営業やフロントスタッフの業務を経験しました。2年目の今年、女子プロサッカーの「WEリーグ」が創設になるタイミングで試合運営の統括責任者になりました。試合が円滑に進むように、キックオフ時間の厳守、イベントの管理など、試合全体のディレクションを担当。今は試合運営のことでリーグの方と最終的な詰めをしているところです。当社のフロントスタッフは少数精鋭の6名なので、みんなで協力し合いながら運営しています。

ファミリーにも対象を広げてサポーター層を拡大

試合運営の責任者としてどのようなサポーターの拡大アイデアを考えていますか?

今までのサポーター層は40〜50代の男性が中心でしたが、これからは家族連れに対象を広げていかないと拡大につながらないと思います。その施策として、選手の小学校訪問や、親子で選手と触れ合えるイベントを展開しながら、WEリーグの開幕に向けて機運を盛り上げていきたいです。またサッカーをやっている子どもたちが試合を観にきて、関心を持ってくれるような企画も大切だと思います。そしてご来場された方が、「楽しい、ワクワクする、ハッピーになる」。そんな空間を作り上げたいですね。

 

NSGグループのメリットを感じることはありますか?

やっぱり幅広い業種があるところが心強いですね。同期の仲間はも自分が知らない異業種で働いているので、自分では見つけられない視点からアイデアをもらうこともあります。いつか同期とコラボして、イベントや商品開発ができればおもしろいですね。

いつかはアイスホッケーのプロチームの創設を

仕事をする上でいちばん大切にしていることはなんですか?

やはり、コミュニケーションです。学生時代からの希望だったスポーツクラブの運営に携わっていますが、まだまだ道なかば。これからもっと突き詰めていけば、自分が目指している「新潟を元気にするクラブ」にたどり着けると確信しています。そのためには今まで以上に地域の人とコミュニケーションを大切にしながら、「どんなクラブが新潟の象徴であってほしいか」を考えていきたいですね。

 

これからどんな目標を持っていますか?

大学時代はアイスホッケー部に所属していたことをお話ししましたが、いつかは新潟にプロのアイスホッケークラブを作って運営したい。その夢を実現したいという事がNSGグループを選んだ理由です。今、日本のアイスホッケー界が盛り上がりつつあるので、行く行くはぜひ挑戦したいですね。アイスホッケーを新潟の地に根付かせ、盛り上げ、さらに新潟を活性化していきたいという気持ちはありますが、今は同じようにアルビレックス新潟レディースを皆さんに知ってもらって、応援してもらえるように頑張っていきたいと思っています。それを達成できれば、将来の夢にも一歩近づけるのではないかと思います。

シェアする
ページのトップへ